ザ・マイカー2006年10月号に10代目カローラ&オーリスの記事


“新車購入応援マガジン”である「ザ・マイカー」の2006年10月号に10代目カローラとオーリスの記事がかなりのボリュームで掲載されたね。こういう状況になると大部分が確定情報かな。
 改めて思ったんだけど、オーリスってでかいね。
 ランクス/アレックスに比べて、長さで45ミリ、幅で65ミリ、高さで45ミリ、重量で約300キロ大きくなってる(重量は排気量1.5リットルを比較)。
 こんな大きなクルマを排気量1.5リットルのエンジンで動かすと鈍重になりゃしないかと心配だ。1.8リットルのエンジンもスポーツ志向のものじゃないから馬力低いしさ。まじ、大丈夫? ってかんじだ。大丈夫なんだろうけど。
 どうもオーリスに対する興味が最近衰えている。
 ハッチバックなら、もうひとまわり小さいほうが好み。
 ボディーが肥大化すると大きなエンジンが必要で、そうするってぇと燃費が悪くなる、とかではつまんないと思うんだ。特に、このガソリンが高値のご時世にはさ。
 小排気量のエンジンを積んだコンパクトなハッチバック、ってのがカッコいいと思うんだけど、それって時代遅れ? 
 話は変わって、カローラとカローラフィールダー後継は正常進化でとってもよくなるみたい。モニター用液晶ディスプレイが全車標準というのは信じられないかんじだ。
 LUXEL αエディションに装備される、レーダークルーズコントロール(走行中の車間距離を一定に保ち、前にクルマがいるかどうかでクルマの挙動を変えてもくれる)や、プリクラッシュセーフティシステム(衝突事故直前にシートベルトを巻き上げる)なんてのはレクサス車向けでは、なんて思ってたんだけど、カローラにもつくわけね。スゴイなあ。
 フィールダーに装備されるワンタッチでシートアレンジが変わる機能は便利そう。個人的に高評価。
 そして、スポーツ志向の方に朗報。カローラとカローラフィールダー後継の1.5X、1.5Gにはマニュアルトランスミッションが設定されるそうです。ブラボー! これで小排気量でもキビキビ動かせますね。
 なんだかオーリスよりカローラとフィールダー後継のほうが出来がよさそうな予感。
 装備だけみるとフィールダー後継はネッツ店で売っている格上のアベンシスワゴンよりいいんじゃないかとさえ思えたりしたよ。
 もっともカローラフィールダー後継のリアのサスペンションはトーションビームだから、乗り味は、ダブルウィッシュボーンのアベンシスワゴンに勝てないかもだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.