マニュアル車の運転はオモシロイね


 うちの自家用車であるランクス君のミッションはオートマチックです。
 そして、仕事で使わせてもらっているクルマのミッションはマニュアル。
 田舎暮らしの自家用車はいついかなる時に、そして家族の誰が使うか分からないモノなので、断然、オートマをお薦めします。かみさんの免許がオートマ限定とかいうことも多いわけですし。
 仕事でも基本的にはオートマがいいと思うのです。疲れてたり、眠かったり、道が渋滞してたりするとギアチェンジが面倒じゃないですか(理想は/etc/initd/にスクリプトをおいて全自動運転です。まあ、そいつぁ無理ですが)。
 しかし、元気いっぱいのときにはマニュアル車の運転ってとってもオモシロイんですよね。
 小排気量のクルマを1速からすばやく2速へ。2速で引っ張って、3速で好みの速度域まであげて、4速に入れる。遠出のときはギアをオーバードライブに放り込む。これで大排気量オートマ車の加速にひけはとらないってぜ、って気分になれます(実際は排気量の大きなクルマはその気でアクセス踏めば普通に速いんですけどね)。
 
 マニュアル車は重い荷物を積んだときも自分の思うように加速できて気持ちよかったりもしますね。頭のなかのイメージと現実が重なるのって快感です。オートマにはない官能的な性能といえましょう。
 趣味のクルマだったらマニュアルがいいんでしょうねえ。実用を離れられない僕のカーライフとは相容れませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.