BitNami Redmineを導入したローカルの環境にWordPressを追加インストールする方法

ハードディスククラッシュをきっかけに、PCの設定を見なおしているところです。
今まではxamppでWordPressを動作させ、それとは別にBitNami Redmine を使ってRedmineをインストールしていましたが、サーバが2台も入っていて、そのためにポートが2箇所開いているのは気持ち悪いので、BitNami Redmine の持っている環境でWordPress も動作させるようにしました。

BitNami Redmine インストールからの作業手順は下記の通りです。

  1. BitNami Redmine をインストールする。インストーラは日本語が選択可能です。日本語にしちゃいましょう。
  2. WordPress日本語版をダウンロードし解凍する。解凍されたWordPressフォルダをapatch2/htdocs に入れる。
  3. http://localhost/wordpress を開きます。WordPressがデータベース設定について尋ねてきます。データベースの設定は、BitNami Redmine が勝手にやってくれてくれていたことなのでわかりませんね。
  4. そこで、Redmineのデータベース設定が記載されている apps/redmine/htdocs/config/database.yml を開きます。
     
    database: bitnami_redmine
    host: localhost
    username: bitnami
    password: “設定されたパスワード”
    という項目がありました。これをWordPressのインストーラの画面にコピペしてあげます。
  5. 「ターン!」とENTERキーを押して完了です。お疲れ様でした。