自動車保険は毎年見直そう

「価格.com自動車保険」無料一括見積!
」をして、アメリカン・ホームダイレクトと来年8月までの契約を締結。
 でも、その後で、郵送されてきた三井ダイレクト損保から見積もりを見ると、三井ダイレクト損保の契約条件のほうが自分に向いているような気がして、ちょっと後悔。「免責」が違うんだよなあ…。僕は決断を早まったかもしれない。三井ダイレクトもちょっとは気を効かしてメールで概算見積もりとかくれてもいいようなもんだけど(←逆恨み)。でも、アメホでも2万円以上安くなったから許そう(←自分をな)。
 来年はまた各社見積もりをとってどこにするか考えようと思う。
 みんなも、「価格.com自動車保険」無料一括見積!
」とかしてみるといいと思うよ(よその比較サイトでもいい)。入力はかなり面倒だけど、契約している保険屋やその代理店のディーラーに仕切られっぱなしだと高い保険料払い続けることになりかねないからさ。

クルマの下をくぐって家へどうぞ

わらべ超個人的日記:なぞの駐車場

TVでも紹介された大泉の北野神社のそばにある謎の駐車場

にトラックバック。
 この構造にしようと思ったのがまず、すごいです。車庫入れもたいへんそうですが、クルマへの乗り降りはどのようにされるんでしょうね。

台風の日にはランクスを磨いて

 Holts MH926 コンパウンドミニセット
 午前中はランクスのバンパーを磨いた。磨いたといってもコンパウンドで研磨ね。小傷を修正用ペンでタッチしてたところを磨いていったのよ。でも、雨が降ってきて、中途半端な結果に。こういうことは途中でやめると、やる前以上に汚くなるんで台風の日の朝にやりはじめちゃだめだね。近いうち続きをやらなくちゃ。

疾走するランクス君&夜は焼肉をご馳走になった

疾走するランクス君(合成写真)
 ランクス君の定期点検の後、パスポートを作りに行ったが戸籍抄本がないことに気づき、松江市役所へ。しかし、私の本籍地は松江市にはなく隣の平田市にあった。お間抜け2連発。
 なんとか今日中に戸籍抄本をとりたいと思って、大急ぎで平田市に向かう。妻もいっしょに行きたいと言うので、後部座席(最近、後部座席がお気に入りらしい)に乗せていった。
 市役所の手続きが終わる5時に間に合うように、空いた農道を疾走。点検が終わったばかりのランクス君だから安心してアクセルもブレーキも踏める。積極的な運転をしていると後部座席から妻の声。
「気持ち悪い」
 農道は曲がりくねっているうえ、アップダウンが激しいから、車酔いしたらしい。
 まっすぐな湖北線(国道431号線)に出て、後は他のクルマの流れに従った。
 市役所に着いたのは午後4時50分。戸籍抄本はすぐに入手できた。
 妻の気分がすぐれないので、平田の実家に寄らせてもらって、一休み――のはずが、長居して夕ご飯をごちそうになってしまう。しかも、「せっかく松江のおっちゃんとおばちゃん来たから」と焼肉。おいしゅうございました。
 またしても私はビールを飲んでしまい、帰りは妻に運転してもらった。行きの「車酔い」の恨みを晴らすように妻の運転は怖かった。最近、夜に運転してもらっていないから夜間走行が下手になってるんだろうな。
 なお、帰りに宍道湖のほとりで月を見た。湖面を照らす月影はいつ見てもきれいだ。

カローラ・ランクス 前輪ブレーキパッド交換

 9月に受けるはずだった定期点検を前倒しで今日受けてきた。
 点検を早めた理由は、予定している泊まりがけの旅に先だった用心と、最近ブレーキが金属音を発するようになったため。
 金属音はブレーキパッド交換のサインだ。これを無視して走り続けるとそのうちブレーキがいかれてしまう(私は運転が下手なんでブレーキ使いすぎてると思う。初心者である妻も私の真似してブレーキ踏みまくった運転してるし…)。
 点検の結果、案の定、前輪ブレーキパッドの交換となった。
 そのほかには異常なし。これで安心して長距離ドライブにでかけられるぞ。

巨石文明の謎を暴け!(島根県 宍道町)

 島根にて「幻の巨石文明」を発見したので、写真を中心にして報告する。


P1000022.JPG まず、我々の前に出現したのは天を突くオベリスクだった。


P1000054.JPG 次に発見したのが文字とおぼしきものが刻まれた岩山である。残念ながら蔦が伸びていてなんと書かれているか判読はできなかった。


P1000053.JPG 我々は岩山にトンネルをみつけた。洞穴ではなく、明らかに人工的なものである。


P1000024.JPG トンネルのなかは暗かった。我々の先には何が待っているのであろうか。


P1000048.JPG 歩き続けると出口の光が見えてきた。


P1000041.JPGそして、庭園のような広場に出たのである。
 明らかに人の手が入ったとおぼしき岩の壁。


P1000037.JPG 岩壁の一部には樹木が生い茂ろうとしている。


P1000039.JPG 古代の宗教施設か? 謎は深まるばかりだ。
 そして、振り返った我々はついにこの巨石文明の真実に出会ったのである!

続きを読む

きまち温泉村 ?いろり茶屋?(島根県 宍道町)

2004年07月16日の投稿で「今度は妻と来たい。」と書いていた、きまち温泉村に、妻を連れていきました。
 前の投稿で「大森の湯」(温泉)についてはふれましたので、今回は併設されている食堂「いろり茶屋」を写真を中心に紹介します。
 結論から書いてしまうと「いろり茶屋」もいい感じでした。きまち温泉村サイコーです。


P1000004.JPG 「いろり茶屋」外観。藁拭き屋根で田舎風に仕立ててあります。


P1000005.JPG 「いろり茶屋」の玄関先に(ビミョウに18禁ではないかと疑われる)タヌキがいます。なぜ、タヌキかといえば、きまち温泉を発見したのがタヌキだったからとか。タヌキは川べりの温泉で傷を癒していたそうです。


P1000006.JPG 店内の雰囲気。古民家風です。囲炉裏もしつらえてあっていい感じでした。


P1000013.JPG 妻が食べた「麦とろろ定食」です。おいしかったそうです。
 なお、メニューは夜のほうが豊富です。昼はお客さんが少ないからでしょうね。


P1000012.JPG 私が頼んだ「おつまみセット(日替わり)」です。当然かのごとくビールも飲みました。ごちそうさま!(なお、クルマで行ったので帰りは妻が運転)

作家の中島らもさんが死去 「勝手に死ぬなや、ボケ!」

作家の中島らもさんが死去 – asahi.com : 社会

事務所によると、中島さんは16日未明、神戸市内で酒を飲んだあと、階段で足をすべらせて転落。頭を強く打って神戸市内の病院で手術を受けたが、意識が戻らなかった。

「死ぬなや、ボケ! 中島らもの新作が読めんようになってこれからのわしの人生、大損や。はよ、生き返って、いろいろ書けや、カス!」と俺は憤っている。残念で残念でならないのだ。
 さかだち日記を読んで、「なんや最近、いつ死んでおかしくない身体になってはるんちゃいますか。大事にせんといかんわ」と心配になっていて、大麻事件の時は「このまんまいくと横山やすし師匠みたいなことにならせんかな。しっかりせいや」と思っていた中島らもだ。「やっぱり」との思いもあるが、勝手に死んだのはどうしても許せん。葬式をいつやるかなんてどうでもいいが、「らも、そろそろ死にまっせ」と1年前ぐらいから広告宣伝費使いまくり、メディアミックスばりばりで事前告知とかあってしかるべきだったと思う。無茶と知っててもそう思う。
 今日は中島らもの純文学のなかで一番好きな小説「頭の中がカユいんだ」を再読するかな。
 エンターテイメント作品が好きな方には「ガダラの豚」の一気読みを薦める。
 なお、俺は黙祷はしない。そのかわりに今日はストレートでワイルド・ターキーでもあおろうと思う。


★中島らも作品のお薦め
■純文学系

頭の中がカユいんだ
頭の中がカユいんだ

永遠も半ばを過ぎて
永遠も半ばを過ぎて

■エンターテインメント系

ガダラの豚 (1)
ガダラの豚 (1)

ガダラの豚 (2)
ガダラの豚 (2)

ガダラの豚 (3)
ガダラの豚 (3)

【青空文庫】太宰治 トカトントン

太宰治 トカトントン(青空文庫)

拝啓。
 一つだけ教えて下さい。困っているのです。

 すごく好きな小説。
 太宰の得意とする告白調の文体もよく効いている。ただ、文章の終わりにある某作家の返答は蛇足ではないかと思うのだ。「太宰の野郎、気取ってやがる」という感じ。

カローラの車種別でも販売台数ランキングが見れるページ

 10代目カローラを待ちながら、行き当たったランキングページ。
 4タイプに分かれるカローラのカローラの車種別でも販売台数ランキングが見れる。売れ筋傾向をつかむのに便利だ。
 ランクスは2001年4月に8位(4,885台)にランクインしただけで以降、上位20位に一度も顔を見せていないことが分かってしまった。オーナーとしてはちと悲しいが、「事実よ、受け止めなさい!」ではある。
 大人気ってことはないみたいだけど、10代目にも5ドアハッチバックって作ってほしいな、と思った。
オートギャラリーネット(AGN) 新車販売台数ランキング

車種別の人気傾向がハッキリと分かるように、厳密な車種分類を行っております。たとえばカローラの場合、カローラセダン/カローラランクス/カローラフィルダー/カローラスパシオに分けて集計しています。