タバコを吸わなくなって1年が過ぎました

煙と追憶の日々 禁煙再開(2005年10月)
 この日からタバコを吸わなくなって、1年以上が過ぎました。
 また吸うかもしれないけどね。
 いまさら禁煙しても肺がんで死ぬケースはある。皮肉にも禁煙セラピーの作者さんが思い出させてくれた。禁煙してなきゃもっと短命だったかもですが。
禁煙セラピースタッフ日誌:【美帆】アレン・カーの訃報について – livedoor Blog(ブログ)

“、「禁煙セラピー(Easyway to Stop Smoking)」の生みの親でありますアレン・カーが、11月29日朝スペインの自宅で息を引き取りました。72歳でした。”

禁煙して2ヶ月が過ぎました

煙と追憶の日々 禁煙再開(2005年10月)」の続き。
 禁煙して2ヶ月が過ぎました。
 時々、タバコのことを思い出すこともありますが、そんなときは、人差し指と中指で仮想のセブンスターを挟んで、大きく深呼吸することでしのいでいます。
 もうニコチン中毒ってわけじゃなくて、精神的な依存のレベルでタバコが恋しいだけから、タバコ吸ってるつもりになるだけでもやり過ごせたりしていますよ。
 タバコをやめてから2キロ太りました。これももうすぐどうにかするつもりです。ダイエットですね。
 いろいろ失敗はあるけど、なんとかできるだろう。そんな気分になれるのが禁煙の意義かな。ま、それも幻想かもしんないですが。